審査・申請費用

JAPHICマークの審査と認定に係る費用は

  • 申請料 / 審査料 ( 認定の可否に関わらず必要です。)
  • 認定対象事業者年会費 ( マークの使用や、対象事業者としてサービスを受けるための年会費。)

有効期間

初回の認定によるJAPHICマークの有効期間は1年間です。
以後は1年毎に更新を行うことができます。

料金表 ( 事業規模別 )

単位 : 円
新規申請のとき 従業者5名まで 6〜50名まで 51名以上
申請料 51,429 51,429 51,429
審査料 51,429 102,858 154,286
対象事業者年会費 51,429 72,000 102,858
合計 154,287 226,287 308,573
単位 : 円
更新申請のとき 従業者5名まで 6〜50名まで 51名以上
申請料 10,285 10,285 10,285
更新審査料 30,857 72,000 113,142
対象事業者年会費 51,429 72,000 102,858
合計 92,571 154,285 226,285

*申請・審査料の振込を確認後、審査手続きを開始いたします。形式審査の結果、受理できない場合であっても、申請・審査料は返却いたしません。
*申請・審査料には、審査関係事務経費、書類審査、報告書作成、現地審査の各費用を含みます。これらは事業規模によって異なります。
*審査料は現地審査の時間を以下の表に示す時間内として設定したものです。この時間を超えた場合には1時間あたり2万円 ( 消費税込 ) を追加請求できるものとします。
*対象事業者年会費が約定日までに支払われない場合は、認証が失効します。
*従業者とは、「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分を対象とするガイドライン」に基づき、申請事業者の組織内で直接間接に事業者の指揮監督を受けて業務に従事している者をいい、雇用関係にある者 ( 正社員、契約社員、嘱託社員、パート社員、アルバイト社員等 ) と取締役、執行役、理事、監査役、監事、派遣社員等も含みます。なお、従業者の確定は申請時点での人数で行います。

現地審査時間の目安 〜5名 6〜50名 51名〜
現地審査時間 5時間以内 6時間以内 8時間以内